地域医療と福祉の充実をバックアップします!

副会長兼広報局長 角田 和之

tsunoda 「作業療法の理念や成果を形に」

広報局長として2期目を務めます。

 

広報局では県士会員の皆様および、県民の方々に、作業療法に関する情報をお伝えする役割を担っております。

 

具体的な事業として下記のような活動を行っております。

・宣伝部:ホームページの情報管理、市民公開講座や学会のポスター作成、各種事業の告知・広報等

・広報編集部:関係団体向けへのニュースペーパー、会員向けへのメールマガジンの編集・発行等

・啓発部:県民や学生向けに作業療法(士)のご紹介、作業療法士の本会への入会促進、小中高生向けへの認知症サポーター養成講座の開催等

 

作業療法の理念や業務が県民の方々に理解され、浸透されるには何が必要か?非常に難しい課題であります。

私たち作業療法士が、日々の業務を着実に行なっていくことは当然ですが、その地道な活動内容を広く世の中にアピールしていくことも大切なことです。

自己完結せず、業務の結果や情報を広く提示し、県民の皆様の評価を受けながら改善していくことが作業療法の更なる理解や浸透に繋がると考えます。

 

現在、医療保健福祉の政策に沿って、本会では個別の課題解決を図っていくための委員会を設置し進めているところです。自動車運転、認知症施策、がん対策、精神障害を有する方の地域移行、自助具・福祉機器関連、発達障害支援など多岐に渡ります。それぞれの課題は県民の皆様の健康な生活に欠かせないものであります。それら各委員会の取り組みの情報を整理し皆様に周知していくことも今後の広報局の責務となります。

 

広報局では、県士会員の皆様、および県民の方々との間を繋ぎ、茨城県の作業療法を盛り上げて行けるよう努力していく所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

(所属:ホスピタル坂東)

PAGETOP
Copyright © 理事会組織 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.